AX
FC2ブログ

レーシック最前線について




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





d27af87f.jpg目が前後方向に短めだったり、角膜、水晶体の屈折力が弱かったりすると、焦点が網膜より遠くにしか合わせられない状態になることがあります。これが遠視の状態です。遠視の人は、常に水晶体の筋肉を緊張させていないとものをはっきり見ることが出来ませんので、疲れ目(=眼精疲労)になりやすいのです。

目が見える仕組み
人の目に入ってきた光は、角膜、水晶体を通して網膜に到達します。
人の目についている「レンズ」を通した光が、網膜と言う「光信号を受け取るセンサー」に風景を映し出す事によって、外界を感知していると言えます。

こうして得られた膨大な情報は、視神経を通じて脳へ送られて処理され、視覚として感知されるのです。

【レーシック最前線】

スポンサーサイト


相互リンクPRO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。